生まれたての赤ちゃんの食事について考える|便秘の改善法を学ぶ

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

与えるときは工夫して

婦人と赤子

赤ちゃんには軟水がよいとされます。ミネラルが多いと胃腸に負担がかかるためです。煮沸して使うのが望ましいです。粉ミルクを作るときは少量のお湯と未開封の天然水のペットボトルをもっていくと手軽に適温のお湯が作れて便利です。

快便にする方法

女性とベイビー

食の変化をサポートする

赤ちゃんは、生まれてから食事が多様に変化するためどうしてもその変化についていけずに便秘になってしまうことがあります。生後すぐから数か月は母乳やミルクのみの食事になりますが、その後離乳食になり最終的に大人同様の食事へと少しずつ変化していきます。徐々に食事を変えていくことが赤ちゃんの体にも負担にならないので、少しずつ様子を見ながら変えていくことが大事です。便秘の主な原因としては、水分不足や食物繊維不足があるので水分補給と繊維質の食材を加えることが大事です。また、赤ちゃんはまだ大人に比べても腸の機能が安定していないため便秘になりやすいのでマッサージを行うと腸の機能をサポートして症状改善につながることがあります。

綿棒の浣腸も取り入れる

赤ちゃんの便秘の解消法として、綿棒を使った浣腸を行う人が多いですが腸を傷つけないように十分気を付ける必要があります。赤ちゃんも便秘になると、大人同様に苦しみそれが原因で泣くことも多くなるため便秘解消の対策を地道に行っていく人が多いです。しかし、なかなか便秘が改善されないとどんどん便は溜まっていくのである程度便が溜まっても出なければ出してあげる必要があります。そこで、綿棒を使った浣腸が使われますが綿棒を肛門に入れる前にはベビーオイルなどで綿棒の先を柔らかくしてから便の通りが良くなるように優しく刺激します。しかし、赤ちゃんの肛門は非常に敏感であまりやり過ぎると腸にも傷がつくことがあるので必要な時に少しだけ行うようにします。

たくさん汗をかく

水筒

暑い時期は赤ちゃんもたくさん汗をかくので水分補給が必要ですが、その際には赤ちゃん用の水筒が便利です。赤ちゃん用の水筒はベビー用品を扱っているショップなどで買えますが、インターネット通販でも購入出来ます。

安全な水を利用できる

ウォーターサーバー

一般家庭向けのウォーターサーバーは、レンタルタイプと購入タイプがあります。またお湯をいつでも使えるため、赤ちゃんのためのミルクの調乳もしやすいという特徴もあります。最近ウォーターサーバーで人気のものは、RO水を利用できるタイプです。RO水は不純物がないため、赤ちゃんでも安心して飲めるためです。